HOMEバリアフリートップ>最近の振り込め詐欺の主な手口




最近の振り込め詐欺の主な手口




次のような手口が増えていますのでご注意下さい!
高齢者を狙った還付金詐欺
 社会保険事務所など公的機関の職員を名乗るものから、「法律が変わって、75歳以上の高齢者にお金が支払われることになった」「先月の医療費の一部が還付されます」等という電話があり、だまされた高齢者から口座番号を聞きだしたうえ、「手続きの方法を教えますので携帯電話を持ってATMに行ってください。」などと言って、スーパー等に設置のATMに赴かせ、お金を振り込ませる手口です。 
 
※道内で同様の電話が続発しており、被害も確認されています!
  
警察官を名乗るキャッシュカード詐欺
 全国各地で、地元警察の警察官を名乗って電話をかけて口座番号や暗証番号を聞き出した上で、手続をするために必要などと言って自宅を訪れてキャッシュカードや通帳をだまし取り、ATMから現金を引き出すという詐欺事件が多発しています。
 北海道でも、道警の警察官を名乗る男が札幌市内の女性の自宅に電話をかけ、口座番号などを聞き出そうとする事案が発生しています。

銀行職員を名乗る詐欺事件にも注意!
(別のページにリンクしています)

もどる